OSJ KOUMI100


大会ルール

競技内容・装備について 【従来からの変更点が多いので必読】

  1. 定められた山岳コースのタイムレース方式とします。(所要時間の少ないものから順位が決定します)
  2. 他の選手との間隔は、2m(最低1m)の距離を空ける事。
  3. 関門は140km地点(4周目)の大会メイン会場(松原湖高原スケートセンター)となり、関門の制限時間は28時間後の10月11日(日)9:00です。
  4. 関門を上記の制限時間内にクリアした後、フィニッシュの制限時間は36時間後の10月11日(日)17:00です。
  5. エイドとして大会サイドで用意するものは、ペットボトル(水)のみ。メイン会場/エイドステーション2ヶ所で合計3ヶ所(周回で5ヶ所、各ヶ所で500ml 1本程度)。
    メイン会場では、ペットボトルを受け取り、車/テントで各自の補給食などをとってください。
    なお、ペーサー分は用意しておりません。ペーサー各自で用意してください。
  6. 各自用意された食料/飲料及び、大会サイドで提供するペットボトルも含め、全てのゴミは、お持ち帰り頂きます(大会会場では、ゴミを捨てる事はできません)。
  7. コース内でのリタイヤ搬送は、原則実施しません。各自徒歩でスタート地点に戻ってください。徒歩が不可能な場合は、リタイヤ搬送を有料 (1,000円)で実施します。リタイヤ搬送車(ワンボックスカー)への乗車は2名までとします。手配の関係で、2時間程度待機していただく場合があります。
  8. レース参加者は、以下の下線部を必携装備品としてご準備ください。

    全選手

    [マスク(バフ/バンダナなど口元/鼻を塞ぐ物での可)、ドリンク500ml以上、行動食、長時間の雨に耐えられるウェア(上下)、ライト(点灯確認済み)、サバイバルシート、救急セット(ガーゼ、消毒液、絆創膏など)、携帯電話、熊鈴]、その他(携帯トイレ、防寒着、グローブ、ホイッスル、コンパス、山地図など)本人が必要とする装備品をお持ちください。
    ※メイン会場/エイドステーションでの怪我の応急処置は、原則実施しませんので、各自救急用具を準備してください。
    ※スタート地点/フィニッシュ地点/エイド地点では、マスクを着用。レース中は、マスク着用の義務付けなし。
    ※必携装備品は競技中、任意でスタッフが装備チェックを行うことがあります。装備チェック時に上記装備を携帯していない選手は失格となりますのでご注意ください。

    公共交通機関で参加選手

    [テント(タープ可)]
    ※受付時に、対象者は所持のチェックを実施します(所持が無い場合は、大会への参加は出来ません)。
    ※テントの設営場所は、後日お知らせします。
    ※車で参加の選手もテントの設営は可能です。
  9. コース上での怪我防止等の観点から、ストック・ポールの使用を推奨します。
  10. コースのポイントには矢印・テープ表示等を設置してあります。また、わかりにくい箇所にはスタッフを配置していますので、スタッフの指示に従ってください。
  11. 失格事項を十分理解し、レースに参加してください。
  12. ゼッケンは必ず協賛社のロゴやその他記載内容が見えるように前後折り曲げずに着用してください。加工・切り取りも禁止です。
  13. 関門(大会メイン会場)での補給は、各自の車/テントで行ってください。
  14. ペーサー(マスク必須装備品)につきましては、4周目・5周目から可能です。選手とペーサーも、2m(最低1m)の距離を空ける事。
  15. 記録証は、web発行(後日、ダウンロード)となります。

失格事項

  1. 上記の競技内容・装備に従わなかった選手
  2. ゴミをレース中に投棄した選手
  3. 条件を偽って参加した選手
  4. 自然保護に違反する行為があった選手
  5. 登山道で一般登山者を優先せず、無理な追い越し・追い抜きをした選手

※実行委員会が全ての事項を監視することは不可能なので、大会期間中は参加選手が選手審判員となり、失格事項に値する選手の申告制度を適用する。

注意事項

  1. 当日は必ず健康保険証を持参してください。
  2. レース途中天候が悪化した場合やコースの状況により、主催者側で判断し中止する場合があります。
  3. レース中の怪我については、大会側での応急処置は原則実施しませんので、各自の救急用具を使い自己責任で対応してください。エントリー全選手には、以下の保険が適用されます。

    保険について

    <主催者契約の保険金額>死亡・後遺障害500万円・入院日額3,000円・通院日額2,000円
    主催者が加入する保険は上記の内容です。別途スポーツ傷害保険を希望される方は最寄りの保険会社にお問合い合わせいただき、各自でご加入ください。大会中のケガ等により、保険を利用する場合は、大会後一ヶ月以内に大会事務局までお問い合せください。

    大会中の怪我などの保険申請について

    大会終了後2週間以内にメールにてご連絡ください。(必ず大会名・氏名・ゼッケンNO.・事故証明書・送付先住所を記載してください)「事故証明書」を郵送にてお送り致しますので必要事項をご記入いただきパワースポーツまで郵送してください。その後は、保険会社から連絡をお待ちください。その間、通院などされた際の領収書の保管をお願いします。月末に申請を出すため、保険会社からの連絡は、申請のタイミングにより1ヶ月〜2ヶ月程お時間をいただくことがございます。
  4. 競技続行が不可能と判断された選手は、スタッフが競技を中止させる事があります。
  5. 競技以外の荷物についてはスタッフの指示に従い所定の場所をご利用ください。ただし、貴重品及び壊れ物については各自管理してください。主催者は紛失の責任は負いません。
  6. 記録計測は計測タグを使用します。紛失・破損をされた場合実費(4,000円)をご請求させていただきます。
  7. 違反内容によりフィニッシュタイムにペナルティタイムを加算する場合があります。
  8. コースは大会で占有しているものではなく、車両や一般利用者、登山者も使用していることを十分理解し、その通行を妨げてはいけません。特に登山道で追い抜く時は、安全な場所で走らず歩いて抜いてください。特に、登山者とすれ違う場合は、挨拶などの発声は控え、マスクまたはウエアなどで顔を覆う。
  9. リタイヤ/失格となった選手は、必ず大会本部(スタート/フィニッシュ地点)に寄り、最終リタイヤ処理を受けてください。
    ※コース途中(関門・エイド)でリタイヤした場合も含む。
  10. 55歳以上の選手は大会前1年以内に必ず健康診断をご受診ください。大会当日、健康診断書の提出は不要ですが、状況により、後日提出していただく場合があります。
  11. 観客、サポーターは、マスク着用の上、周囲の人なるべく距離を取るなど密な状態にならない様にする。また、大きな声での会話、応援などは控えて頂きます。

申込規約

  1. 自己都合による申込み後の登録内容の変更、キャンセルはできません。また、過剰入金・重複入金の返金もできません。
  2. 年齢・性別の虚偽申告・申込み本人以外の出場(不正出走)は認めません。発覚した場合は出場を取り消します。
  3. 地震・風水害・降雪・事件・事故等による中止の返金はいたしません。
  4. 大会出場中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。
  5. 大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。
  6. 私は、大会が定める必要装備品を必ず持参します。もし違反した場合は失格となることを承知します。
  7. 上記の申込規約の他、主催者が定める大会規約に則ります。(𪗱齬がある場合は大会規約が優先します)